So-net無料ブログ作成

病院の選び方 [方位]

今日は久しぶりに気学の記事です[ドコモ提供]

みなさんが病気にかかった場合、どのように病院を選ばれるでしょうか。方位はあまり気にしないで、評判とか施設によって選ばれると思います。また、急を要するような病気の場合は方位など気にしている暇もありません。

しかし、いくつも選べる場合、また2か月以上も治療や入院を要するような病気であった場合は、なるべく年盤、月盤から見た吉方位で選ばれる事が大切です[exclamation]

年盤では病院の施設が、月盤では主治医や薬、精神的なものといった作用に出やすくなります。

発病して医師の診断を受ける時、病人の凶方で行った場合は次のような状態が出てきます。

[満月]三碧方位、東方位 東は誇張、軽率、驚愕の象意から、非常に病気を大げさに言われて驚く事があります。

[満月]一白、四緑方位、北、東南方位 北は病気を見えにくくしたり、東南は細く長くの象意から病気や治療が長引く事になります。

[満月]五黄方位 五黄殺なので病症が悪化する可能性があります。

[満月]七赤方位、西方位 西の欠けるという象意から、病院側での手落ちが生じます。

[満月]八白方位、東北方位 東北は我欲、変化の象意から医師に責任が無く、診察に行くたびに医師が変わったりします。

[満月]九紫方位、南方位 南は刺激が強いという象意がありますので、注射ばかりされる事になります。

 このように悪い方位の医師にかかると、誤診とか看護士の手落ちなどで、病気が長引く可能性がありますので注意が必要です。また本命方位の医師の診断を受けると病気を重く見る傾向がありますので、その点も注意して下さい[ドコモポイント]

100MLT19-PICT0064_PICT0064.JPG

nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 6

コメント 10

きゅきゅ

東北方位はいかないように気を付けます。
責任感の無い医者なんて困りますもんね。
by きゅきゅ (2010-11-05 23:51) 

selene

ままみさん、久しぶりに占い記事で嬉しいんですが、六白と二黒がないんですよ・・・二黒はうちにはいないのですが、六白は私自身なんで、病院はすごく気になります。
ぜひ、六白の悪い方角を教えてください。
よろしくお願いします。
by selene (2010-11-06 00:24) 

ままみ

きゅきゅさん、ありがとうございます!
凶方位の東北は方位学ではこのように観るので、使って欲しくない方位ですよ~><
吉方位で東北を使った場合は良い変化という象意になるため、安心して下さい。
また東北は関節炎、腰痛のほか、耳鼻科にも効果のある方位なんです^^
 


by ままみ (2010-11-06 12:00) 

ままみ

sakoさん、ありがとうございます!
これは凶方位を使った場合の凶作用の現われ方なんです。
九星に関わらず全員に当てはまるので、六白の人ももちろん参考にして頂けたら、と思います。
凶方位で使うというのはその定位に、暗剣殺、破れが付く場合をいいます。
例えば今年でしたら、東北に暗剣殺が付いているので記事のような待遇をされるという風に観ます。
しかしこれも、住んでいる家相、今まで使ってきた方位の影響、月命盤による宿命運などによって決定的なダメージになる人もいれば、軽くて済む人もいるのです。
やはり一概に言えません。

なお凶方位で六白や、西北を使った場合は治療費も高い上に、医者にやたら威張り散らされるという事かと思います。
by ままみ (2010-11-06 12:10) 

SkyCruiser

御茶ノ水までの通院を長く続けていた母親の転院先を決めたのは、私でした。
あの頃、気学のことなんて、すっかり忘れていたんです。
出雲大社に母と旅行した後、急激に病状が悪化しました。
あの頃、気学のことを忘れていなければ、他の場所へ旅行していたはずです。

過ぎたことを悔やんでも仕方ないので、少なくとも私は、気学での凶方は避けたいと思います。
by SkyCruiser (2010-11-07 07:39) 

とと

久々の気学ネタですね。

鑑定していただいた結果をもとにあちこち方位でお水とりの場所を探すのですが
中心線上となるとかなり厳しい^^;
許容できるズレとしては何度ぐらいでしょうか?

ままみさんの体験談等、お考えをお聞かせいただけると嬉しいです。

by とと (2010-11-07 21:11) 

マイン

病状が回復に向かいやすい方位ってありますか?^^☆
by マイン (2010-11-08 10:54) 

ままみ

SkyCruiserさん、ありがとうございます!
病院に行く場合、真っ先に方位の事を考えられる人は余程気学が生活と密着している人だと思います。
病状が重ければ重い程急を要しますし施設や評判で選びますから、それはそれで良いと思うのです。
しかし気学という知恵を持った以上、万人共通の凶方位(暗剣、破れ、五黄)は最低限避けたいですし、無理な場合日にちだけでも避けられれば避ける方が良いですね。
by ままみ (2010-11-08 19:30) 

ままみ

ととさん、こんばんは!
お水取りの計画は楽しい半面、場所探しが大変でもありますね^^
中心線上でなくてももちろん大丈夫です。
中心にいく程効き目が強いのですが、距離を延ばせば同じように効き目が強いですし、範囲に入っていればもちろん効果はあるんです。
東西南北は30度、そのほか東南、西南、西北、東北は60度ですが、境目から両側5度前後は両方の気が混じるので、万一隣接する方位が凶だった場合困るので避けて下さい。
しかし、西北など四隅に当たる方位はわざと戌、亥という風に分けて、来年でしたら卯年なので、支合の戌の方位を狙ってさらに強い運気が頂ける、というのもあります。

私の場合、神社じゃなくても湧水で頂いた事もありましたよ。
美味しく澄んだお水を頂き、とてもリフレッシュしました。
見当をある程度付けたら、行き当たりばったりで行かれるのも一つの方法かも知れません。
東南なら若い女性に縁があり、吉方位で行くと優しくされるというのがあります。南なら中年の女性。
この辺にありそうだけど分からないという場合、そういう人物に尋ねると親切に教えてもらえるという事もあります。
お水取り、非日常的な旅をする気分で行かれても楽しいですよ^^

by ままみ (2010-11-08 19:46) 

ままみ

マインさん、ありがとうございます!
病状によってあるんですよ!
九星や方位にはそれぞれ薬効的な意味もあるんです。
それを病気を治すための方法として、もちろん病院で治療を受けながら合わせて使用すると効果が出るというものです。
例えば心臓を丈夫にし効く方位は、六白金星の入った方位か西北というようにです。
ただし、六白が吉方として使えない九紫さん、三碧さん、四緑さんは西北で使ってもらうという風です^^
by ままみ (2010-11-08 19:54) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。