So-net無料ブログ作成

方違えについて [方位]

今年は六白金星中宮、六白の定位に暗剣破れが付いているため、西北は万人共通の大凶方位になります[ドコモ提供]

今年、どうしても移転しなければいけない場合、60日以上経つ前に移転前の場所に戻って、太極が移らないよう逃げ道を使う、といった方法もありますが、今年の西北は特に強い凶方位ですから、移転せずとも、その場所へ長い時間いればいるほど凶作用の気を浴びてしまうといった心配があります。

逃げ道は、60干支が一巡しないため、理論上では引っ越しに当たらず、どうしても、その場で生活を始めなければいけない場合など、最後の切り札的に使える、大変便利な方法なのですが、方位の凶意が強過ぎる場合は、方違えの方が、安全で有効になると言った事もあります。

申し添えておきますと、逃げ道が使えないという事ではありません。
三碧木星や四緑木星の人は、木は土の養分をもらって大樹になると言った事から、例え五黄の方位へ移転しても、それほど方災を受けない、受けたとしても軽い、という秘伝もあります。
このようにケースバイケースで、三碧や四緑の人が五黄方位に向かう場合は、逃げ道で十分方災を避ける事が出来るといった事なのです。

しかし、今年の六白金星は、定位の西北に暗剣破れが付き、今年に入ってニュースでも、居眠り運転事故、癲癇による車の突っ込み事故など、やたらに車の事故が多いのが気になります。

六白金星は、天や太陽、完全無欠の丸いものを象意として持ちますが、天体は動いて休まず、車輪も回り続ける事から車も意味します。
また、天は最も高い所にあり、地上の万物に生きるためのエネルギーを惜しみなく与え、施しますが、同時に悪天候を起こした場合、大切な物も容赦なく奪っていきます。
今年は、ここに暗剣、破れですから、誰も予測できない突発的に起こる車の事故、悪天候による災害、高い所からの落下事故が起きやすいのです。

つい先日も、日本最大級と言えるくらいの竜巻が起こりました。
中宮にいる六白の象意が、現象として世の中で起きやすくなるのですが、暗剣、破れのため、命にかかわる事故や災難として、人の目に触れたり耳に入ったりしやすいのです。
こういった凶星が付かない場合、もっと良いニュースとして、人々の目に触れるといった風なのですが。。

このような凶作用のある今年の西北は、直接移転はせず、方違えによって方災を避ける事が無難です。
方違えとは、西北に移転先がある場合、まず西へ仮転居し、そこで60日以上お住まいになったのち、北へ移動し目的の場所へ引っ越されるか、または、北へ仮転居したのち、西へ移転するといった事です。
まっすぐ西北へ移転せず、仮転居を一度する事によって、方災を避けられるのです。

ご相談者の方にも、仮転居を実行される予定で、お部屋までお決めになっていた段階で、突然躊躇された方がおられました。
何回か足を運ぶに連れ、交通の不便さや、若い女性が見知らぬ地で一人暮らしされる事への不安、犯罪への懸念が広がったのです。
夜道も暗く、知っている人もいないとなれば、ご家族が心配でいられなくなってしまうのも分かります。
せっかくお部屋まで決めていらっしゃったのに、本当に残念と思いました。
できればお勧めしたくないですが、逃げ道を使って避ける、実家には頻繁に帰って来るといった方法でお伝えしました。

全てにおいて、満足するような選択ができるのが、一番良いのですが、凶運を避けるためには、それなりの覚悟が要るものです。
どちらを選ばれても、それなりにリスクがあると言う事で、今年の年周りはそういった年なのだからと割り切る必要もあると思います。
何故か、不思議な事に、吉方位は意識して、無理をしてでも取ろうとしなければ取れないように出来ているのです。
若い人は生命力も豊かで、直ちに方災が現れにくい場合もありますが、病人やお年寄りの場合、凶方位を使うと適面に現象として現われる場合が多いです。

しかし、その後、ご相談者の方は考えられました。
どちらにしてもリスクがあるのなら、これからの一生をどちらのリスクを引きずるかと言えば、やはり仮転居の期間、十分気をつけて過ごせば、方違えをした方が良いという考えに落ち着き、実行を決められたのです。

この方は、今年、西も北も吉方位です。
西北の方災を避けられるだけでなく、こういった移転によって、吉方位の方徳も受けられるので、一石二鳥ではなく三鳥くらいです。
私も、本当に良かったと思いました。

吉方位を取ろうとすると、初めての方は特に、何故か障害のような事が起こるなどで、その気を無くしたりしやすいのです。
しかし、万難を排してでも実行に移すと、後の結果は良くなりますので、それが分かっているため、私は吉方位を取る事をお勧めしています。
引っ越しも手間やお金もかかり大変ですが、運をお金で買える事を思えば、安いものです。

また、仮住まいの間、夏中心であった事も幸いでした。
見知らぬ田舎でも、日の長い期間は心強くいられるでしょう。
神社でもお祓いを済ませ、家族の方にも無事を願われ、強い守りが頂けているので、この方は目的とする西北へ、無事安全に転居することが出来るでしょう[ドコモポイント]


100MLT19-PICT0132_PICT0132.JPG




nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

nice! 8

コメント 6

キョウコ

ままみさんこんにちは!
事故のニュースも突発的な天災のニュースもこのところどどっと噴出していますね。
交通関連の仕事をしている主人は身につまされる思いのようです。

方違え、考えもせず引っ越ししていましたが、ちょっと恐いですね。

実は主人が今の家に引っ越す際、母親と祖母も一緒に住むはずだったのですが、祖母はその直前に亡くなり、そのため母親の入居も遅れました。入居したあと、太ももの骨折を立て続けに2度起こし、入院を余儀なくされ、退院して来たらすぐ脳溢血で倒れて右半身に麻痺が残り、四ヶ月でこの家を出ることになりました。その後は元暮らしていた家に長男家族と住んでいます。
続いて、飼っているメスの犬も卵巣嚢腫にかかり、手術をして卵巣を摘出しており、なんだか女性ばかりに災厄がおりているなぁ、という感じでした。5年前のことです。たまたま主人以外の人にとって凶方位の場所だったのでしょうね。

主人に唯一起こったことは電球がすぐ壊れたり、電気がつかなくなることぐらいだそうです。でも、周りの人が災厄に見舞われていたら本人も大打撃ですよね。

私も暮らしていてなんとなくつむじ曲がりのいたずら好きのような感じの土地に感じます。土地の持っている性格なんていうのもあるのでしょうか(笑)

すでに凶方位に引っ越した場合、厄災を払う方法もあるのでしょうか?方位もわからず、結婚を機に同居しましたが、大丈夫かな?と思っちゃいます。吉方位を取ろうとすると中々うまくいかないというのも、知らないでいたら諦めて他を探してしまいそうです。

まだ不確かな状況ですが(この2~3年が山です)、引っ越しをする際には是非ままみさんに観ていただきたいと考えています。
その時はどうぞよろしくお願いします!
by キョウコ (2012-05-09 08:56) 

ままみ

キョウコさん、コメントありがとうございます!

最近、ニュースでは頻繁に、自動車の事故や落下の事故など目に付くので、本当に怖いと思います。
これは他人事ではなく、私たちも細心の注意を払い、事故防止に努めなければですよね。
亡くなられた方のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

お引越しの際、そのような事があったのですね。
お母様は、立て続けに災難があってさぞや大変でしたでしょうね。
特定の人だけ悪くなるのは、方位や家相が、その人にとって合っていなかったという事も考えられます。
また、方位に関して、「知らずに取れば目を潰す。知って取ったら命取る」といった、怖いことわざがありますが、同じ凶方位での移転でも、知らずに取ってしまった場合や、転勤などで、やむなく引っ越しする理由があった場合、一概には言えないのですが、方災は軽くなるようです。

また、どうしても転居しなければいけないのに、方位を見てしまい、そこが悪い方位だと知って不安に思ったり、その事で返って悪い現象を引き寄せたりしやすいと言う事もあると思いますが、別の見方をすれば、知らなくていい事は知らない方が良いよ、と言っているようにも思えます。

方位を見て転居する事は、今の日本ではまだまだ一般的ではなく、中には胡散臭いと思われたりもしますが、そこには必ず気の力が働きますので、やはり先人たちの遺したありがたい知恵を使うべきなのでしょうが。。。
方位学は、いたずらに不安になるためのものではなく、開運のためにあるのです。

もし、後から凶方位だと知ってしまっても、手軽な所では、吉方位旅行や祐気取り、お水取り、または、東と西など対冲する方位が両方とも吉方位に当たった年だけ行える、一時仮転居といった方法もありますよ。

<私も暮らしていてなんとなくつむじ曲がりのいたずら好きのような感じの土地に感じます。土地の持っている性格なんていうのもあるのでしょうか(笑)>
これは、あると思いますよ!敏感に感じ取る人もいれば、そうでもない人もいるのでしょうが、電球が壊れたりするくらいの可愛いいたずらで良かったですね(笑)

怖いのは因縁のある土地で、その地域に住んでいるうちに、運気が落ちたり悪くなってしまう、と言った現象があります。
また、大きく言えば県民性などでも、その土地の風土、環境が、住む人の気質を育む事がありますよね。
何となくけんかっ早くなってしまうとか、のんきになってしまうとか。。。

人それぞれ土地との相性もあるでしょうし、しっくりなじむ人と、落ち着かなくてすぐ出てしまいたくなる人もいて、なかなか引っ越しも奥深いですね。

何か心配がある場合は、基本であるその土地に祀られている氏神様にお参りする事で、土地の心配事など、災いから守ってもらえると思います。
また、お参りを続ければ土地に馴染みやすくなって、自分の住む地域が、もっと好きになって行くと思いますよ。


by ままみ (2012-05-09 17:17) 

キョウコ

ままみさん対処法を詳しく教えて下さりありがとうございます!
知らぬが仏、というか、わからずにしてしまったことはまだ災厄は少ないようなので、当時のことは過ぎたこととしてとりあえず置いておきます(笑)
後は吉方位旅行とかお水取り、氏神様にお参りすることなどが出来そうですね。

引っ越しは土地のリサーチや実際にどう感じるか、方位や家相はどうなのか、慎重にやれることはやって清々しく新しい生活に臨むことが出来れば、ずっといる場所になるのですから後々が違う気がします。その土地に愛着がもてれば地域ごと安住の地に感じるでしょうし、やはり最初が肝心ですね。
ありがとうございました!
by キョウコ (2012-05-10 15:36) 

マカロン

方位学のサイトをまわってるうちにこちらに出会いました。
実は方位学を知らずに今年五黄土星のいる西に今住宅を建築しようとしています。。。私自身本命星は四緑木星、月命星・三碧木星、日命星・五黄土星という、今回の全ての事例に関わっているのです。。。もし秘伝があれば教えて欲しいと思い、コメント書きました。お忙しいところ申し訳ありませんが、よろしくお願いします、
by マカロン (2015-05-24 08:22) 

ままみ

マカロンさん、コメントをありがとうございます。

土地を購入、契約するタイミング、建築するタイミング、引っ越しするタイミング、それぞれ吉にできるのが理想ですが、建築する事がどうしても避けられないのでしたら、一番重要なのは移転する時期なので、せめて住み始める時期が吉になる様にして下さい。

そして住み始めるまで工事の一部を保留しておき、吉になったタイミングで可能な工事を追加する、と言う方法も良いと思います。
例えばエクステリアの施工だけ追加と言った様にし、決して建物本体の工事を中止状態にしない事です。


by ままみ (2015-05-24 17:46) 

マカロン

以前コメント頂いたマカロンです。
実はあの後どうしても仮転居せざるをえない事がありまして、これも何かの導きと思い、吉方位へ一時転居し、今月その新居へ引っ越しします。
正直もう腹を括っていたのですが、こんな事もあるのですね。
家の方は風水と家相を取り入れながら、設計等していきましたので、住むのがとても楽しみです。
アドバイスありがとうございました!
by マカロン (2015-09-20 23:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。